育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

育毛相談WEBセラピスト・育毛の道案内人山田からのお願い事

まずは、あなたの頭皮を見せて下さるか、頭皮と薄毛の状態をお知らせ下さい。どのような育毛方法を取ると良いのかご助言します。

育毛相談は「相談室で・メールで・お電話で」から、ご希望の方法で承ります。

育毛は農作物を育てるのに似ている

育毛相談WEBセラピスト・育毛の道案内人山田
「育毛は農作物を育てるのに似ているところがあります。

それは、土である頭皮が健康で血行・血流が十分あれば、強くて太い毛が育つ頭皮の環境が整っている」と言うこと。

無菌で綺麗で健康な土地なんてないのと同様に、健康な頭皮には皮脂や皮膚常在菌が正常に存在しているのです。

ところが現代は、「育毛剤の効果や作用だけ」とか「皮脂を取るシャンプーと方法」「カラーやパーマ等々」で、頭皮がまるで化学肥料や農薬で土地が痩せるのと同様だと言うことも農作物を育てるのに似ているのです。

農作物と毛の決定的な違い

農作物と毛の決定的な違いは、農作物は土地に異物が育っている(だから枝葉の先まで栄養が行き渡る)のに、毛は「あなた」の体そのものだ(角質なので死んだ組織の集まり)と言うことです。

だから、農作物は土地が変われば育っている農作物も変わりますが、毛は頭皮が変われば生まれ替わるべく抜けるものなのです。

育毛相談を承り、そしてご提案をします

当サイトは、知識等をお教えする為のものではなく、薄毛でお悩みの方の状態を「見て」「お聞きして」、どうすれば良いのかをご提案することを主旨としています(具体的な内容は、回答内容に沿ってケアを始める場合にお知らせします)。

従いまして、「教えて欲しい」とか「今している方法や製品」等々についての良し悪しにはお答えしないことをご了承下さい。

2000年から変わらぬ信念・ポリシー

2019年7月で育毛の実践現場に立って約20年。この20年間ずっと変わらずポリシーとしていること。

  1. まずは、自分で使ってみること(どう使えばどう頭皮が変化する?その結果髪にどんな影響が出る?体がどう感じる?を知ること)
    私自身弊社取り扱い製品を20年以上使い続け、今も使い続けています。
  2. 一人一人丁寧に詳細までお聞きし、分かりやすく回答すること
    詳しくは「相談室で・メールで・電話で」をご覧下さい。
  3. ご相談者にとって一番効果的だと思われる育毛法を提案すること
    人により違います。それらを考慮して一番効果が望める方法を提案しています。
  4. 回答に沿ってケアに取り組まれる方には、助言と指導を定期的に行うこと
    ご相談者の頭皮や心身の状態の変化を「見ながら」「聞きながら」、助言や修正等を行っています。
  5. ご相談者とのキャッチボールがあって、始めてご相談者に効果的な方法が分かる(定期的に状態をご報告下さる人や、問い合わせを下さる人の改善率は非常に高い)。
    ケアを始めている人には、こちらから症状の変化をお聞きしています。
  6. 全ての答えは実践の現場にある(「理論と現実は違う」ことがよく分かります)
    机上の理論や話を優先せず、今現実に目の前にいらっしゃるご相談者の頭皮や髪の状態を触り観察し、そんな頭皮・髪にしてきた過去の経過状況・体質を考慮に入れて、事実・現実に則したその人に必要なケア法を組み立てています。
    ただし、メールやお電話でのご相談の場合、ご相談者にいろんな角度からお聞きした上で斟酌してからにしています。

私が貴方の毛が増えるお手伝いをします。

育毛相談WEBセラピスト・育毛の道案内人山田
育毛を成功させるなら、「毛が増える効果」を維持・継続することが絶対条件です。

だから、定期的にご相談とご助言を続けますのでご安心下さい。

以下から育毛相談を承ります。

育毛相談内容に応じた「あなたに必要な育毛方法」を組み立て、それを効果的に実践頂く為の育毛のご指導・ご助言・修正等をメールもしくはお電話・直接お会いして、継続的に(=あなたの薄毛が良くなるまで)行っています。

その為の頭皮のケアも相談室にて行えます。

  1. 相談室での育毛相談はこちら
  2. メールでの育毛相談はこちら
  3. お電話での育毛相談はこちら

育毛は時間との戦い

  • 育毛は、早く取り組めば取り組むほど、かかる費用も手間も時間も少なくて済み、回復度も大きくなります。
  • 「手軽に簡単にすぐに薄毛が治る」育毛法や育毛製品はありません。
    根気よく、丁寧に、手間暇をかけて、焦らずに、段階的に着実に頭皮を回復させる育毛を実行すれば、成果は必ず出てきます。
    1年目に何を改善し、2年目にどこまで回復し、3年目くらいにどうなっていくのか?と長い目で見ないと失敗する元です。
Pocket