原料はケールと言う野菜

健康倶楽部の青汁=「うきはの青汁」と「どこでも野菜」に使われている原料は、ケールと言う野菜です。

ケール農地

ケールはアブラナ科の野菜

原料のケールはアブラナ科の野菜です。キャベツの原種で、いろんな栄養素を高単位にバランス良く含みアクもないという特性を持っています。栄養価はキャベツの2倍以上です。

「堆肥作りと無農薬栽培をお約束します」

生産者の皆さんです。
生産者

農薬を使わない栽培は、農家の方の根気がものを言います。虫を寄せ付けないようにするのは大変です。まず、目に付く青虫は手で取り除きます。次に、焼酎に自然のものを漬け込んだものや椿の油粕を噴霧します。

虫は殺せませんが、寄り付きません。1番頼りになるのは自然の摂理です。天敵と食物連鎖。天敵は”アオムシコマユバチ”が代表です。食物連鎖は虫を食べにくる”燕・雀・カエル”などが活躍します。こうして完全無農薬栽培を実践しています。

肥料は自然なものを使います。主に魚粉・枯草そして青汁を製造する時に出るケールの絞りカスを使います。化学肥料や成長促進剤等は一切使いません。

栄養価について

何が何ミリグラム、何が何ミリグラムと数値は存在します。でも厳密に言うと、その数値が全ての商品にきちんとあてはまるというものではありません。

ある代表が測られているものですし、数値がいくら良くても育て方が悪くては何にもなりません。

数値ではなく、原料のケールを素性がよい野菜としてきちんと育てることが大切で、白日の下、嘘偽りのない製品を世に送り出していることを信じて頂ければと思います。

ケール キャベツ
タンパク質(g) 2.1 1.3
脂質(g) 0.4 0.2
炭水化物(g) 5.6 5.2
食物繊維(g) 3.7 1.8
カルシウム(mg) 220.0 43.0
リン(mg) 45.0 27.0
鉄(mg) 0.8 0.3
亜鉛(mg) 0.3 0.2
ナトリウム(mg) 9 5.0
カリウム(mg) 420.0 43
カロチン(ug) 2900 50
ビタミンB1(mg) 0.06 0.04
ビタミンB2(mg) 0.15 0.03
ナイアシン(mg) 0.9 0.2
ビタミンC(mg) 81 41
ビタミンE(mg) 2.4 0.1
パントテン酸(mg) 0.31 0.22
葉酸(μg) 120 78

それぞれ100g当たりの数値です。
五訂日本食品標準成分表より抜粋しました。


うきはの青汁お試しうきはの青汁通常申込どこでも野菜試供品どこでも野菜通常申込