育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

育毛剤の作用や効果を利用する

効果的な育毛剤が必要なのではなく、効果的な「あなた」の育毛方法が必要です。その育毛法の中で育毛剤に役割を与えれば効果的に使えます

(どのように使うのが良いのか、それとも使う必要がないのか、使い方をどうするのか等々が必要)

世間一般的に良いとか効果がある言われていることを(それ自体良いのか悪いのか分からない)組み合わせても、良くなるどころか悪くする場合もあるのです。

心身と頭皮の血行が良くなってから

育毛剤は、心身と頭皮の血行が改善してから使うと効果的です。ほとんどの人は、心身に余裕がなく頭皮には異常があって弱っているのに、育毛剤の作用・効果に頼る方法を採るので、毛の育たない頭皮にしてしまっています。

異常のある頭皮には異常のある毛が育つ

心身に余裕がなくなり。弱ってしまった頭皮に生えている毛は、いつ抜けてもおかしくない弱っている=「死んでいる毛」である場合が多いです。こんな状態で、毛の育つ「心身に余裕が出て、頭皮の緊張がほぐれ柔らかく弾力が戻り始める」と、弱っている=「死んでいる毛」は、急激に抜けて見た目には進行していく場合が非常に多いです。

地道に心身と頭皮から段階的に

高い効果早い効果ばかりを追い求めるのではなく、地道に心身と頭皮に基礎体力をつけることを続ける方が安全で確実性も高いと言うことを知って下さい。

いつの時代もあせるとろくなことがありません。作用や刺激を与えることばかりよりも、その作用や刺激を生かせる心身と頭皮に改善して、改善した状態を維持しながら、育毛剤を使うと始めて効果を発揮します。

育毛剤の効果には色々ある

いろいろなタイプの育毛剤が発売されていますが、その製品の目的により育毛剤と言えるのか言えないのかを判断しましょう。

厳密な製品分類ではアルコール基材であることで育毛剤として分類します。が、これを逆手にとって実質上は育毛剤なのに、「育毛剤ではありませんから」と言って育毛剤批判をする人がいます。

次のような効果は育毛剤

製品の形態や塗布する方式の違いはあっても、「毛髪を活性化する」とか「血流促進」とか「毛根」とか「毛母細胞」とか言う表現があれば、それは育毛剤の一種です。

効果と薄毛を改善できるかは別問題

「毛細血管を拡張する」とか「タンパク質の合成を助ける」とか「発毛遺伝子に着眼して」とか「発毛させる体内成分を活性化」「ハーブ抽出液」等々色々な効果効能を訴えてはいるが、薄毛が改善するとは訴えていないことにご注意を。

それぞれ訴えている効果は認められるのだと思います。だからと言って薄毛が改善することにはならないことを分かってください。

Pocket