角質層が育つ化粧法がにきび肌を良くする

なぜ、にきびが治らないのか。

それは「ニキビのケア」をしていたから。(?、疑問に思いますか?)

ニキビのケアだと「後から後からできてきます」。つまり、対症療法=そのときの症状だけのケアをしてたいから治らないのです。

にきびは再発しやすい

元々にきびは、一度治ったと思っても、必ずまた出てきます。何度も何度もケアを気長に続けることで、段々と出なくなってきます。

にきび改善の実例(25歳くらいの女性)

小学校5年頃からできはじめ、いろいろなニキビ用ケア品を使ったり、大学から成人にかけてはエステにも通ったが治らなかった経歴を持つ。

にきび肌

ニキビ肌改善
改善された箇所

  • にきび(ニキビ)
  • にきび(ニキビ)跡
  • 脂漏性皮膚、毛穴(鼻の周囲)
  • 脂肪細胞の減少、スリム化
  • 色素沈着
上の写真が下の写真に治った!

特殊なケアをしていません。サプリメントも使っていません。

今までのケアと違うのは、一般的なニキビ治療法ではなく、体質や肌特性に適したケアを組み立て実行してもらっただけ

どうすれば、にきび(ニキビ)が良くなっていくのだろう?

まずは、客観的に振り返ってみて下さい。その為のご相談でしたら左記の「お肌の問診表」にて承ります。

  • 「今のご自分を」
  • 今しているにきびや肌荒れのケア法を
  • 「今のご自分の環境を」
  • 今までのご自分を
  • 「今までお肌の為にしてきたことを」