育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

円形脱毛症やびまん性脱毛症は再発を繰り返す

円形脱毛症やびまん性脱毛症には尋常性と難治性があり、尋常性の場合は放っておいても治ることもあります。

難治性の場合は再発率が30%と高く、再発を繰り返すたびに発毛環境が悪化して最悪の場合全頭脱毛に至るケースもあります。

病院での対症療法や育毛サロンでの発毛施術で、一時的によくなる場合があっても再発する場合が多いのです。

自己ケアと養生法が必要

悪化すると取り返しがつかないことにもなってしまうのが、円形脱毛症やびまん性脱毛症の特徴です。

ですから、日ごろからの自己ケアと養生法を根気よく続けて再発させないケアが必要だと言えます。

特効薬や画期的な治療法はない

残念ながらこの脱毛症には画期的な治療法や特効薬はありません。にも関わらずいろんな病院を渡り歩いて、何をしてもダメであきらめている人も多いかと思います。

現在の日本の保健医療は対症療法しかできないので限界があるのです。

何をしてもダメなのは、「心と体のひずみ」が信号を発して脱毛すると言うことが根底にあると言うことを理解していないからです。

この「ひずみ」をご自身で理解して、「ご自身で心と体の自己ケア」を普段から行うことで再発を防げます。

難治性は、恐ろしい

また、同じ円形脱毛症でも尋常性と難治性があるように、原因や症状によりケア法を変えないと毛の回復には至らないケースもありまります。

まずご自分がどのような症状なのかを知ることが大切です。そして、病院で行う対症療法だけでなくご自宅での自己ケアを行い、再発させないことも大切なのです。

まず、ご自身を知るご相談から始めましょう。

メールでのご相談では、円形脱毛症やびまん性脱毛症の改善はとても難しいです。
一度相談室までお越し下さいませ。

Pocket