年齢による皮脂生産力の推移

年齢の推移による皮脂生産力の推移

左の皮脂曲線と老化の曲線はほぼ一致して、40才代からの更年期の下降線の落差が大きいのが分る。

この曲線を見て「25才からお肌の曲がり角」と言い、「皮脂の代わりに乳液やクリームで補う」と美容部員は勧めてきます。本当にそうでしょうか?

皮脂の分泌量は個体差が激しい

最近では50歳台でもニキビが出る人もいて、皮脂腺の活発な人も多くいらっしゃいます。

この年齢的なことや個体差を考慮に入れたケアをせずに、「かさつきは皮脂の分泌量が減ってきているから」と表面的に見て、乳液やクリームを使うような画一的なケアをしていることで、お肌の老化や衰えを促進させてしまうのです。

かさつきは単純に皮脂や水分の不足ではないのです。

皮脂の分泌の衰えが老化の原因

ちゃんと皮脂が分泌されているのに、皮脂が少なくなる年代だからと言って乳液やクリームを使うと、皮脂腺は「まだ皮脂がある」と判断して分泌を怠けてしまいます。

これがお肌の老化や衰えを促進させるだけになってしまう大きな原因であったりします。

さらに、安全性の高い化粧品の油分でも、皮膚に薄く塗り伸ばした時から空気中の酸素を触れる面積が多くなり酸化が始まります。

その上、怖いことに「アレルギー体質の人の酸化防止能力は低い」為、アレルギー体質や敏感肌の人ほど酸化が早くその刺激も大きくなります。

近年は何らかのアレルギーを持っていたり、皮膚が薄くて弱い人が増えているのです。詳しくは→「敏感肌とは?」

お肌をリセットする

ぜひ「お肌をリセットする」ところから始めて下さい。

女性はとかく「今すぐに!」「今の症状をすぐに何とかして!」と魔法の化粧品を探す傾向が強いですが、そんな化粧品を使っているうちに化粧品に頼るお肌になり、老化が促進されていきます。

本当はお肌を良くしていきたいのなら、何もせず(メイク類や基礎化粧類全て)に過去の影響を取り去らないと駄目なのです。今のお肌のトラブルやお肌が綺麗にならないのは「長い今までの習慣や使ってきた化粧品」のおかげだから。

今までたくさんの化粧品を使ってきた人や乳液やクリームを使ってきた人の場合は、非常に物足りなく感じるはずです。それだけ今まで腹いっぱいのお化粧をしてきてお肌が疲れているのです。お肌を労わってあげて下さい。

無料レポートと無料メールセミナー

にきびや肌荒れの原因を探るとたいてい角質層の生育を悪くしています。角質層の生育を悪くする原因は何か?角質層が再生される時にどんな経過を辿るのか?どうすれば角質層がちゃんと生育するか?を無料でご教授致します。

角質層が正常に生育するようになってくると、段々とにきびが消えていき、段々と肌荒れが良くなっていきます。にきびや肌荒れに対する化粧法では、一時的に改善しても次から次にトラブルを繰り返します。