貴女の化粧法を振り返って見ましょう。

にきび(ニキビ)や肌荒れが良くならないのは、決して化粧品が悪いのではありません。「あなたに必要な化粧法を実践していない」ことと「その化粧法に必要な化粧品を選んでいない」だけです。

効果や作用があれば良いと言うものでもありません。

成分的な効果や魔法の化粧品を追い求めていないだろうか?

効果とは何?効果とは裏を返せば負担です。効果がある化粧品とはお肌に負担を与えると言うこと。

少しでも早く今のお肌のトラブルから抜け出したい気持ちは分かりますが、効果ばかりを追い求めていると、常にお肌に負担を与え続けるようになるので、お肌は疲れてしまいます。

化粧品の目的は補うこと。

皮膚に不足している成分や機能を補うのが化粧品の目的です。効果を求めるとは必要以上の成分や機能を補うことになるのです。

見違えるような効果、使用前使用後のような魔法の化粧品を追い求めていないだろうか?

黒ずみ・ニキビ症肌・皮脂を取るケア?

黒ずみが気になるとかニキビ症肌だからと言う理由で皮脂を取るケアをしていないだろうか?

表面に出ている皮脂や黒ずみを取っても、黒ずみや皮脂は皮膚の奥深いところから常に次から次に分泌されています

表面的に対症療法的に取っても次から次へと黒ずみやニキビが出て消えない人は多いはずです。しっかり取ることは必要ですが、自分の環境や肌特性を考慮して、より深いところからのケアをしないと黒ずみもニキビも消えないし良くなっていかないのです。

ホルモン・リンパ・水・体温等を考慮した化粧法?

ホルモンのバランスや血の流れ・リンパの流れ・水の流れ・体温等を考慮した化粧法を実践しているだろうか?

誰しもが、サンプルを使った時の感触で良い悪いの判断をしています。

その為、メーカーはお肌の角質部分を綺麗に見せる為の化粧品を作るし提案し、求める人もそう言った表面が綺麗に見える美容法を採っています。

でも、お肌は基底細胞から分裂した細胞が上に上がっていき角質となっていくのですが、このお肌表面になるのに影響を与えているのが、ホルモンのバランスや自律神経の働き・血の流れ・リンパの流れ・水の流れ・体温等体の内部からなのです。

表面的に綺麗に見せる化粧法ではなく、より深い部位から働きかける化粧法を取っているだろうか?

綺麗の為の無料レポートと無料メールセミナー

にきびや肌荒れの原因を探るとたいてい角質層の生育を悪くしています。角質層の生育を悪くする原因は何か?角質層が再生される時にどんな経過を辿るのか?どうすれば角質層がちゃんと生育するか?を無料でご教授致します。

角質層が正常に生育するようになってくると、段々とにきびが消えていき、段々と肌荒れが良くなっていきます。にきびや肌荒れに対する化粧法では、一時的に改善しても次から次にトラブルを繰り返します。