育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

皮脂の取り過ぎは危険

脂分を取るシャンプーでよく洗って皮脂を取る育毛を始めると、抜け毛が減り薄毛が慢性化してきます。

抜け毛が減ることを育毛の効果だと思っていると、「これは良い」と皮脂を取ることを続けますが、抜け毛が減り確実に薄毛が進行して毛が無くなっていきます。

シャンプー(洗髪)と方法で失敗する

特に1990年くらいから毎日よく洗っている人が多いにもかかわらず、薄毛の人口が増えてきているのは、薄毛の原因が皮脂にあるのではなく、皮脂を取るような方法とシャンプー法にあるとも言えるのです。

多くの人は薄毛になったことを認識すると、手近にある目的の違う皮脂を取り過ぎるシャンプーで毎日よく洗うことを始めます。そして失敗するのです。

「あなた」の使っているシャンプーの目的は?

どんなシャンプーにも何の為のものかと言う目的があります。その目的に沿った使い方をしないで、単に「綺麗にすれば良い」とか「洗い上がりが良い」「感触が良い」と思って洗髪をするから、皮脂を取り過ぎてしまい毛が育たなくなっていくのです。

皮脂と男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンと皮脂の関係
男性ホルモンの働きが活発化すると皮脂の分泌が多くなります。一方男性ホルモンは毛の組織を衰えさせる為に毛は細く寿命が短くなります。つまり、皮脂が多いのも、毛が衰えるのも男性ホルモンの影響だという関係でしかありません。

皮脂分泌量と毛の衰えにはなんら因果関係はないのです。だから、皮脂を取れば毛が増えるということはないのですね。

取っても減らない皮脂

体の仕組みは「取れば減る」というような単純なものではありません。皮脂は無くては生きていけないものなので、取れば補充する機能が働きます。減るのが激しくなれば分泌の量をふやす機能も激しく働き、誰でも頭皮表面は脂性になってきます。

取り過ぎは抜け毛が減る

皮脂の取り過ぎは「抜け毛が少なくなり、頭皮は綺麗になる」が頭皮と毛は弱っていき、細くなっていきます。それでいて頭皮の表面には皮脂が増えているので毎日洗わないと脂っぽくなってきます。

こうして、薄毛の人で表面上皮脂が多いテカった頭皮をしている人が多くなっているいのです。

毛の生育に皮脂は必要

皮脂には毛や頭皮・皮膚に必要な成分が含まれていますが、皮脂の分泌が少ない男性や女性の場合は「脂分を取るシャンプーで(石鹸シャンプーを含む)よく洗い皮脂を取り過ぎることで、頭皮や育毛に必要な成分まで取り去る」ことになり、頭皮を弱らせたり薄毛の進行を早めています。

取り過ぎは頭皮の衰えが激しくなる

皮脂をむやみに取ると頭皮の衰えが激しくなっていきます。皮脂が薄毛の原因ではなく、取りすぎることで頭皮や毛の組織の衰えを早め薄毛の進行を早めているのです。

特に、アトピーや鼻炎などのあるアレルギー体質の人は、洗い方や回数を的確にしないと、悪化・進行します。

Pocket