育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

薄毛で悩む女性が増えている原因は

女性で薄毛や細毛で悩んでいる人口は、1980年代前に比べて20倍とか30倍とか言われ今も増えつづけています。

理由は、1980年代前に比べてヘアケアや生活環境・食習慣・職業・環境等々様々な薄毛の原因が複雑に絡んできているからです。

下記に箇条書きで思う付くままに書き出してみました。

決して、「カラーをしたら薄くなる」とか「○○だから薄くなる」のではないことだけはご理解下さいね。

影響の受け方や絡み合い方は、100人いれば100通りあるのですから。以下は比較的誰でも「持っている」「やっている」大きなものです

体質を考えない育毛のケアやヘアケア

敏感肌用化粧品を使っている人は薄毛になりやすいという結果が出ています。

化粧品は過去にいろいろトラブルがあった結果、化粧品メーカーも「敏感肌用」を開発し、今では安全性の高い化粧品が一般的です。

が、育毛製品やヘアケア製品に関しては、そういった人用の商品を見つけるのは難しく、ヘアケア製品の目的やご自身の体質を考えずに使えば使うほど薄毛が進行するということになります。

体質に合わないダイエットや過剰なダイエット

ボディラインを保つ為にダイエットをしていたり、短期的に過剰なダイエットをしたり、体質を考えないでダイエットをしている女性は多いと思います。

しかしそれらは体の中にいろいろな悪影響を及ぼします。

ダイエットをした時に、一番最初に犠牲になるのが髪や皮膚です。ダイエットが絡んでいる場合には、のちのケアで非常に苦労します。

栄養の偏り。食べる物の偏り。

欧米化された食習慣やファストフード等の外食、好き嫌い、そして働く女性には闘うエネルギーを獲得す為の肉類・油物・味の濃い食べ物が多くなっています。

こうした栄養の偏りで血中コレステロールが多くなり、血が粘って末端まで流れにくい状態となります。

また、サプリメント類を飲んでいる女性も多いと思いますが、元来サプリメントは肉食中心で胃腸が短くヒダの少ない欧米人に向いていて、胃腸が長くヒダの多い日本人には合わないものなのです。

サプリメントを飲んでいている人ほど便秘症や冷え症等の体調不良で悩んでいるのではないでしょうか?

仕事や人間関係のストレス

現代は男性と同じ立場での仕事上や対人関係が絡むストレス社会。イライラしたり感情を抑えることで常に緊張しています。

こういったストレス環境やストレスを受けやすい体質では、肉体的にも精神的にも疲れが残り、末端の髪やお肌にまっさきにその影響がでます。

ヘアケア製品で進行・悪化している

シャンプーやリンス・トリートメント・整髪料・ムースなどに含まれる成分は、使用感やなめらかさ・整える効果を良くするものですが、その成分が頭皮や髪に残留し組織を攻撃して髪を細くしたり、次から生えてくる髪を弱らせます。

すすぎを良くしたくらいで流れるようだと目的を達せられないので、髪と頭皮にしっかり残留しています。

その結果、弱々しく寿命の短い髪しか育たなくなり、ボリウムがなくなり薄毛や細毛が進行します。

パーマやカラーも薄毛や細毛のきっかけや進行・悪化の原因になります。

弊社での初めてのご相談時に行う温水(特殊な水を使う)でのケアで、頭皮や毛穴・髪に残留しているこれらの成分を洗い流すだけでも毛に腰が出る女性が多いことからも、スタイル優先では髪が育たなくなっていくと言えますね。

体の中のひずみ、疾患

女性の心と体はデリケート。内分泌の働きが少し乱れると体の表面にもいろいろな症状となって現れます。

生理不順、自律神経系の乱れ、更年期の諸症状、体の冷え、生活習慣病、内蔵機能の低下、胃腸虚弱、血圧等々が薄毛のきっかけや進行・悪化、「治らない原因」となっています。

間違った育毛ケアや施術

薄毛を改善する為に育毛サロンで施術をうける人も多いですが、過剰な施術やケアは薄毛を進行させたり悪化させることが多いのです。

製品に表示されている使い方は「健常者」の使い方で、頭皮が弱っていたり(薄毛の頭皮は弱っているもの)敏感肌用の使い方ではありません。

体質や薄毛の人には「使わないほうがいい」ヘアケア製品も多く、これらで薄毛になる女性も多いと思って下さい。

Pocket