育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

毛が育つ条件が整えば毛は増える

薄毛を解消できない女性の傾向を探っていると、その理由が分かります。育毛に成功する条件を自ら放棄しているのです。

例えば、育毛効果がないと嘆く女性ほど以下のようなことをしています。

  • 短期間で薄毛を何とかしようとしている。(効果ある育毛剤を探している)
  • 対症療法的な方法を渡り歩いている。(抜け毛を減らす、発毛させる、皮脂を取る等)
  • 高くて早い効果を探し求めている。(医薬品で何とかしようとしている)

珍しい効果を求めている

半年やそこらでミルミル変わる育毛の効果は非常に珍しく例外に分類される効果です。例外的な効果を求めて失敗している女性が非常に多いのです。

毛は植物とは全く違う

本当に悩んでいる人にとっては、何が本当で何がウソなのかを判断するのは難しいが、人間の体の仕組み(例えば皮脂は必要だから分泌されている)や毛髪についての当たり前のこと(例えば、抜け毛はあるもの)を分かっていれば迷うことはないはずです。

毛は植物の生育に良く似てはいる側面がりますが、本質は全く違うのです。植物と土地は異物の関係ですが、毛と頭皮は同じ人のものなのです。

専門家を味方にして下さい

机上の育毛理論ではなく、効果をあげる為の実践的な育毛法を知っている専門家を味方につけるのが大切です。

「シャンプーして育毛剤を使え」と言う一般的なアドバイスではなく、どんなシャンプーを使って、そのシャンプーの具体的な使い方や使う製品の使う量やタイミングを具体的にアドバイス・助言してもらえる専門家を味方につけることです

個別の特有な助言も必要

また、体質や生活習慣まで踏み込んでアドバイス・助言してもらうことも大切です。これらはケアを行う人により少しずつ変わるので、画一的な方法ではなく、ご自身の環境等を考慮に入れた助言が必要です。

ケアの方法は修正が必要だし、全ての人が同じ事をして同じ結果に結びつくものでもないのです。

体質と頭皮の状態、進行度を考えて

皮脂を取り除き、効果のある育毛剤を使えば何とかなると考えがちだが、ほとんどの人はこれで失敗しています。

体質は違うし、頭皮の状態や進行度により使い方を変えていかねば成果には繋がりません。

ちょっとした使い方の違いで効果に大きな差が出るし、体質を考慮しない育毛商品や使い方・方法を採ることで、悪化させることが多いことも覚えておきましょう。

特に女性は、いきなり育毛剤を使うことでこじらせる場合が多いので注意が必要です。

薄毛が改善する為の前兆が大事

薄毛は「つける→改善する」というような単純な改善をしません。必ず「改善する」には改善する為の前兆=前変化があるものです。

これが最初に感じる効果であって、いきなり毛が生えてくるとか増えてくると言うことはあり得ません。

抜け毛の増減・見た目の良し悪しは前変化ではない

特に2ヶ月や3ヶ月の抜け毛の増減や見た目だけで、ケアや製品の効果を計る人が多いです。

が、抜け毛は多くて悪い場合もあり少なくても悪い場合もあり、最初の1年2年の間は安定していないので見た目には良い悪いの波もあり、抜け毛や見た目だけでは何の判断にもならないのです。

理由は薄くなるのはいろいろな原因がかさなっていることと、間違った情報に振り回されているからで、それを1つずつ解決して、自分に必要な育毛の方法を採ることで毛は増えるようになっていきます。

成果を上げるには

  1. まず、全ての人に共通するマイナス要因を取り除く

    薄毛の進行を早めている直接の原因の除去、頭皮の残留物の大掃除(薬漬け・化粧品漬けの状態から脱する)。皮脂を取ったり頭皮を綺麗にするのではありません。

  2. 心身と弱って衰えた頭皮の血行を改善し、頭皮の異常を正常化
  3. 弊社では、これらのケアを続けて変化を見ながら、その人に必要な育毛方法を修正し助言しています。
  4. そして頭皮が良くなったら次ぎの育毛段階に進むようにしている。
  5. ここからが毛を増やす為の本格的な育毛段階。継続することで毛が増えてきます。

    育毛はマラソンと同じで、ゴールまで完走できるよう段階的な育毛メニューづくりをすることで、遠い目標に一歩ずつ近づくケアを組み立て実行してこそゴールに(毛の回復)たどりつけます(1~3年以上)。

    あせったり、あきらめたりせずに、段階的に改善していきましょう。

根気良く続ける

毎日の育毛のケアを習慣化して続けること。目で見える変化が出てくるのは、早くても4ヶ月後くらい(と言っても頭皮の変化であって髪の毛の変化ではない)からで、髪の毛の効果が現れるのは早くて8ヶ月~10ヶ月もかかり、症状によってはもっと遅れる場合もあります。

また、ケアは毎日しないと効果は半減するするか現れないこともあるのです。体質や症状に適した使い方をきちんと守り、毎日ケアをすることで効果は蓄積されていき、待望の毛が増える成果に繋がっていきます。

効果がないと嘆く人のほとんどは、使い方が悪い場合や助言を聞いていないことが多いのが現実です。

Pocket