ホホバ油やノコギリヤシとアメリカ・インディアン

アメリカ・インディアンにハゲがいない? ホホバオイルやソーパルメット・ノコギリヤシは、アメリカ・インディアンにハゲがいないと言われて共に引き合いに出されます。 と言っても、個人輸入を受けているところが、製品の有効性を訴え […]

「育毛相談WEBの薄毛対策は頭皮から」

育毛剤を使う前に・美容外科・育毛サロンに行く前に、育毛相談WEBの薄毛対策は頭皮からでご相談をお勧めします。

他の記事を確認する他のカテゴリーを確認する

アメリカ・インディアンにハゲがいない?

ホホバオイルやソーパルメット・ノコギリヤシは、アメリカ・インディアンにハゲがいないと言われて共に引き合いに出されます。

と言っても、個人輸入を受けているところが、製品の有効性を訴える為に情報をアメリカからもらって卸しているのに過ぎないのです。

シャンプーをしていたのか?平均年齢は?

ところで、アメリカ・インディアンはシャンプーしたり石鹸を使っていたのでしょうか?アメリカ・インディアンの平均寿命はどの程度だったのでしょうか?

まあ、お水や何かで洗っていたのでしょうが、皮脂や男性ホルモンや5αリアクターゼ2型なんて意識していなかったでしょうね。

  • ホホバオイル(油)アメリカ・インディアンは自分たちの生活習慣・環境の中で、整髪料として小さい頃から身近に採れるホホバの実から取って使っていた。
  • ソーパルメット(ノコギリヤシ)アメリカ・インディアンは自分たちの生活習慣・環境の中で滋養強壮剤として飲んでいた。男性なら精力が弱っていた時に飲んでいたのでは?と推測できる。

アメリカ・インディアンにハゲがいないことが引き合いに出されて、育毛の製品として発売されています。

が、いつも私は感じます。

それなら、アメリカ・インディアンと同じ環境で同じ生活をして、アメリカ・インディアンが使っていたのと同じホホバ油を使い、ソーパルメット・ノコギリヤシを飲めば良いじゃないのと。

(発売されているホホバ油やソーパルメットはアメリカ・インディアンが使っていたものとは違います。)

ホホバオイルとソーパルメット・ノコギリヤシについて

  • ホホバオイルは腐敗しやすいので、通常販売されているものは精製度が高く作られています。精製の段階で不純物と皮膚や育毛に良いと言われる成分が取り去られます。だから、市販されている透明の容器に入っているホホバオイルは上質なワックス効果しかありません。
  • ソーパルメット・ノコギリヤシは、実際の治験では5αリアクターゼによる還元作用の阻害は証明されておらず、副作用(頭痛、胃腸障害、高血圧、インポテンス及び性欲減少)が報告されています

アメリカ・インディアン同様、日本人は元々ハゲの少ない民族だった

どうして日本人である私たちが、ほんの1970年以前の私たち日本人の習慣や環境を参考にしないでしょう?

男性なら、ハゲ家系の人しかハゲなかったし、それもほとんど人は50才60才以降に薄くなりハゲていったのです。

女性は、薄毛になるのは心や体の内部に問題がある場合に限られていました。

現代は、家系に限らず年齢に限らず性別に限らず薄毛の人が増えているのです。

何が違うのでしょう?1970年~1990年の辺りに薄毛を治していくヒントがありそうです。

アメリカ先住民の呼称について

このサイトでは、アメリカの先住民の呼称を「アメリカ・インディアン」と表記させて頂きます。アメリカ先住民自身がこの呼称を是としているからです。

このページの最初に戻る

【育毛と薄毛に関するQ&A】の他の記事