家系要因=遺伝で薄毛になるか?ハゲるか?

家系的に遺伝的要因があれば薄毛になるか?ハゲるか? 家系的に薄毛の遺伝要因があれば、薄毛になりやすいのは確かです。 が、家系に薄毛やハゲの人がいても防ぐことはできます。 家系的な遺伝的要因を発症しやすい習慣・環境を自ら作 […]

「育毛相談WEBの薄毛対策は頭皮から」

育毛剤を使う前に・美容外科・育毛サロンに行く前に、育毛相談WEBの薄毛対策は頭皮からでご相談をお勧めします。

他の記事を確認する他のカテゴリーを確認する

家系的に遺伝的要因があれば薄毛になるか?ハゲるか?

家系的に薄毛の遺伝要因があれば、薄毛になりやすいのは確かです。

が、家系に薄毛やハゲの人がいても防ぐことはできます。

家系的な遺伝的要因を発症しやすい習慣・環境を自ら作っているから遺伝が発現するのです。

ですから、習慣や環境を変えることで防ぐことができるのです。

家系の遺伝的要因は防ぐことが出来る

家系的に薄毛やハゲの家系の人は、そうでない人よりも薄毛やハゲになる確率は高いです。

現代のように、家系的に遺伝の要因のない人でも薄毛になったりハゲたりする時代ですから、習慣や環境を変えなければ、ほぼ100%に近いと思われます。

中学生や高校生等の低年齢から発症している人も増えています。

遺伝的要因は、習慣・思考をを受け継ぐから

子供は、小さい時からご両親や祖父母等々と同じような習慣と体質や考え方まで受け継ぎます

だから、薄毛やハゲになりやすいのです。

その上、現代社会はヘアケア製品を始めとして、カラーやパーマ、ストレスや動かない習慣、食生活(栄養の取り過ぎと食べるものの偏り、添加物過多)、無理なダイエット等々、豊かになり便利になった反面、毛の生育=頭皮にとってはマイナスばかりが非常に多すぎるのです。

薄毛になる男性女性が増えている

現代社会では当たり前になっている事=ヘアケア製品・カラーやパーマ・食習慣が、家系的な遺伝要因の影響を受けやすくしていると言えます。

そして薄毛の発症進行が若年齢化しているのです。

父親(母親)が50才代で薄毛になりハゲていったのなら、その息子(娘)は20才代から発症しています。

遺伝的要因は防ぐことは可能

遺伝的要因のある人は、そうではない人に比べて元々毛を育てる力が弱かったりしますし、薄毛の原因も相対的に強く受けやすいです。

このことを理解して、あなたに必要な習慣を続けることで防ぐことも改善することも可能です。

家系的に遺伝要因があるなら、途中であきらめずに、じっくりとゆっくりと一つ一つ着実に改善していって下さい。

現状維持を始めて進行しなくればそれが最初の効果です。

このページの最初に戻る

【育毛と薄毛に関するQ&A】の他の記事