育毛相談コーナー
血余の育毛法
質問と回答
育毛相談WEBご予約状況
育毛相談WEBへのお問い合わせ
このカテゴリーの目次

5α-リアクターゼ2型に関して

男性ホルモンと薄毛・ハゲの関係について、頭皮を洗い皮脂を取ったらよくなるのですか?と聞かれることがります。

男性ホルモンの分泌が増えるから皮脂の分泌が増えるのであって、皮脂を取ったところで男性ホルモンの分泌は減りません。

また5α-リダクターゼ2型の影響を阻害する飲む育毛剤が発売されていますが、副作用や後遺障害がありお薦めできるものではありません。

内分泌系に作用するのは恐ろしい

「皮脂腺学に基づいた」とか、男性ホルモンや5α-リアクターゼ2型の毛髪に影響する理論を詳しく書いてはいるが、副作用や後遺障害についてはあまりにも軽く扱い過ぎているものが多過ぎます。

また、ノコギリヤシに阻害する成分があると書かれていたりしますが、治験をした結果阻害されると言うものもありますが、確認できない治験もあったりして、はっきり確認されてません(2011年3月現在)。

5α-リアクターゼ2型と皮脂の関係

「5α-リアクターゼ2型」と「皮脂」の関連性、「皮脂」と「育毛」の関連性、「洗う」ことと「皮脂」の関連性は間違いです。

  1. 皮脂の中に5α-リアクターゼ2型という成分が含まれており、それが薄毛・ハゲに関係している。(この話は本当かどうかは不明です。こんな理論をおっしゃる人がいるので事例として書いています)
  2. だから皮脂を取らないとダメ。

この「1」「2」には関連性がありません。だから皮脂や毛穴を掃除することで、男性ホルモンや5α-リアクターゼ2型の問題が解決できるということはありません。

また、頭皮に塗布するタイプでは、男性ホルモンや5α-リダクターゼ2型を直接遮断したり抑制する塗布タイプの育毛剤は未完成品だと考えてください(またはウソ)。

Pocket