男性の薄毛の主原因は男性ホルモンだけではない

薄毛の主原因は男性ホルモンだけではない 男性は昔から存在し男性ホルモンが優位に働いていた。 精子の量やその活発度から判断すると、現代よりも1970年以前の方が男性ホルモンが活発だった男性は多いはずです(現代の若い男性の方 […]

「育毛相談WEBの薄毛対策は頭皮から」

育毛剤を使う前に・美容外科・育毛サロンに行く前に、育毛相談WEBの薄毛対策は頭皮からでご相談をお勧めします。

他の記事を確認する他のカテゴリーを確認する

薄毛の主原因は男性ホルモンだけではない

男性は昔から存在し男性ホルモンが優位に働いていた。

精子の量やその活発度から判断すると、現代よりも1970年以前の方が男性ホルモンが活発だった男性は多いはずです(現代の若い男性の方が精子の量が少なくて不活発だと言われています)。

男性は誰でも多かれ少なかれ男性ホルモンの影響を受けています。

でも、薄毛になりハゲていく人と薄毛にならずにフサフサの人がいます。その違いは何でしょうか?

男性ホルモンが少ない方が薄毛?

その上、現在の若い男性は女性化していると言われています。

にも関わらず1970年以前よりも今の若い男性に薄毛の人がどうして多いのでしょうか?

1970年代より以前の若い男性の方が男性ホルモンの分泌が少なかったのでしょうか?

男性ホルモンに関する疑問

薄毛で悩んでいる人に直接お会いしますが、とても男性ホルモンが優位に働いているようには見えない人たちばかりです。

男性ホルモンの分泌が活発な人はやはり精力旺盛です。

精力旺盛な人は積極的で活動的でもあります。これは昔から「英雄色を好む」と言われる通りです。

ところが、実際に薄毛で悩んでいる方にお会いすると、これらとは全く正反対の人が多いのです。

薄毛の男性の特徴

  • うつ傾向になっている人
  • 性格が真面目でおとなしい人
  • ストレスに負けやすい人
  • 自信がなく、他から色々言われると自信を無くしてしまう人
  • 几帳面で神経質な人
  • 朝立ちしない。しても弱々しい。

「活発な人はやはり精力旺盛で積極的で活動的でもある」人と比べると正反対です。

こんな正反対の人(若い男性)が、「男性ホルモンの影響でどうのこうの」と言うのは理解できないのです。

男性ですから全く影響はないことはないと思いますが、「主」とは考えづらいです。

実際上は、ヘアケア製品やヘアケアの習慣、食習慣、ストレスへの耐性、環境等々色々絡んでいる場合が圧倒的に多いです。

ホルモンを操る恐ろしさ

ホルモンと言うと性ホルモンのことを思い浮かべますが、成長ホルモンの類も同じようなものです。

「ハーブだから大丈夫」とか言うのは売り文句ですからご注意を。

人間の体はホルモンを始めとして微妙なバランスの上に成り立っています。

バランスを崩すと体の弱いところに負担がかかることで、後々に命の危険にさらされることもあります。

でも何の調査もないので、どう言う形で出てくるのか分からないのです。こんな分からないことに賭けてもホルモンのバランスを崩しますか?

このページの最初に戻る

【育毛と薄毛に関するQ&A】の他の記事